調査を依頼するタイミングは? | 浮気調査の探偵ガイド






調査を依頼するタイミングは?


配偶者に不貞行為の疑惑が生じるとまずはご自身でできる範囲を調べることになるのですが、やはりできる範囲は自ずと限られてくるもので結局は浮気の現場を押えなければならないのですが、いつどのようなタイミングで探偵会社に調査依頼をすればいいのでしょうか。

このタイミングについてはそれぞれの依頼者の方の考える所により変わりますし、状況によってもいつが最適になるかは変わるのですが、一般的にはご自身で違和感を覚えてすぐの段階、ご自身である程度調べて確信してからの段階、または調査料金の支払い分のお金を確保してからのタイミングなどが挙げられます。

実際に依頼するときに

まず違和感を覚えてすぐに調査依頼をする場合は、問題の根が深くならない早いうちに証拠を確保することができますので、離婚一辺倒ではなく夫婦関係を解消する道筋を探ることもできます。

続いてご自身である程度調べて確信してから探偵社に依頼するケースについてですが、この場合は配偶者の行動を細かな所まで情報収集し分析することが出来ますので、依頼する上では調査期間をコンパクトにして調査費用の圧縮に繋がります。

何も情報がない段階ではおよその見当をつけて調査を行うものの、証拠収集までには時間を要することが多くありますので、長引けばそれだけ費用が多く掛かることに繋がりかねません。
しかしご自身で調べておけば配偶者が怪しい行動をする曜日を特定したり、またはスマートフォンを探る中で浮気相手を特定できることもありますので、そうなれば的を絞ったピンポイントの調査を行うことが可能になり短い時間で結果を出しやすく、お金の面でもメリットがあります。

また探偵会社に調査依頼するにあたり手持ちのお金が不足していることもよくあるもので、夫が家に生活費を入れてくれず貯蓄がないケースや、妻が浪費をして貯蓄を食いつぶしたケースも過去には実際にありましたので、こうした問題を抱えた方の場合は調査のための費用を捻出するまであえて依頼をしない選択をすることがあります。

しかし探偵会社の中には調査費用の支払いをローンにできるところもあり、分割での支払いになりますのでそれほど過大な負担にならず手軽に依頼できる探偵会社も多くあります。
ローンの内容については金融会社や支払い金額によっても変わりますが、5年60回の支払いにすることができる会社もありますので、依頼に際してはそのあたりの利用についても検討してみると良いでしょう。

大切なことは、お金に余裕がないという理由から調査を諦めてしまわないということです。その後の展開を有利にする為にもプロへの依頼をしてしっかりとした証拠を押さえておくことが大切です。