確証がない段階でも依頼できるの? | 浮気調査の探偵ガイド






確証がない段階でも依頼できるの?


配偶者の怪しい行動や態度は一番身近な存在である家族がいち早く気づくもので、しばらく泳がせる中で浮気の有無について探る事になります。

ただ違和感や嫌な予感を覚えても必ずしもそれが的中するわけではなく、ただ時間が過ぎていく中で気持ちが落ち込んだり疑惑がより強くなることもあるのですが、まだ浮気されているといった確証がない段階でも探偵会社に調査を依頼することはできるのでしょうか。

まず探偵会社が行う浮気調査についてですが、調査項目の大きなくくりの中では行動調査に分類されることになりますので、浮気されているといった確証がない段階でも依頼することは可能になります

行動調査とは対象となる相手を張り込みや尾行を行い、対象者の行動をありのままに調べて記録するための調査になります。
不貞行為を行う配偶者に対しても同様に張り込みや尾行を実施して行動を把握することから広義の意味では行動調査に分類される事になり、調査を依頼するにあたり確実に不貞行為があるなどの制約や条件などは設けられていません。

また配偶者への疑惑が程度として低い段階では、果たして今のタイミングで探偵会社に相談するのは早計なのではないか、または確証がない段階ではお金が無駄になるのではないか、などの点で気になる場合もありますが、不貞行為に関しては時間の経過と共に深刻なリスクが様々生じる事があるのです。

例えば浮いた気持ちの火遊びが本気へと変わることは往々にしてあるもので、配偶者の気持ちが完全に相手に移ってからではやり直すといった選択肢は完全の消失する事になります。
さらに相手が既婚者の場合はその妻や夫などから自身の配偶者に対して慰謝料の請求が来る事になるのですが、不貞行為の期間が伸びればその分だけ相手から請求される金額が増大する事になりますので、お金の面でも窮することにもなりかねません。

探偵会社の無料相談を活用する

配偶者の怪しい動きに対しては素早い対応が功を奏する事になりますので、ご自身の中でも様々な葛藤があるかと思われますが、まずは探偵会社の無料相談に連絡を入れて、そこでアドバイスを受けてみると良いでしょう

配偶者の浮気が疑われたら、深刻化を防ぐためにもいち早く相談をする

調査員からのアドバイスの中ではご自身が気がつかなかった新たな視点で物事を見ることができますので、そこで不貞行為の有無についてはっきりすることができる場合も多く、疑惑がシロであれば無料相談になりますのでお金を掛けずに解決することができ、また疑惑がより深くなれば時間を掛けずすぐに調査をお願いすることができます。