住所などの個人情報も調査できる? | 浮気調査の探偵ガイド






住所などの個人情報も調査できる?


浮気相手に対する制裁では裁判に訴えることもあれば弁護士を雇いきっちり締め上げるなどの方法がありますが、いずれにせよまずは相手がどこの誰かを特定しておく必要がありますので、個人情報を押えておくことは非常に重要になります。

ただ昨今では個人に関わる情報については厳しく取り扱う風潮がありますのでご自身で調べようとしても行き詰ることもあるのですが、探偵会社に調査を依頼した場合に相手方の電話番号や住所などの情報を調べることは可能なのでしょうか。

個人情報にはいろいろな種類があります

まず一口に個人情報といっても様々な種類の情報があるもので、例えばクレジットカードの使用履歴や銀行口座などについてはもっとも厳しい情報対策がなされていますので、そのあたりの情報については依頼してもお断りされることがあります。

一方でそれ以外の個人情報に関しては比較的容易に収集することが可能になりますので、電話番号や住所などの情報についても調査することは可能になります

具体的な調べ方についてですが、まず浮気相手の所在地に関しては配偶者と浮気相手の密会を尾行する中で特定する事になり、帰宅まで尾行して所在地を押えて、表札などから氏名の特定も行います。

一般的に相手の氏名と所在地が分かれば裁判を起こすことが可能になるのですが、それ以前に話し合いで解決を目指す際には相手に電話を掛けることもありますので、連絡が取れるよう番号を押えておくことも重要になります。

こうしたケースではデータ調査が行われることになり、相手の氏名と住所を元にデータベースから情報を拾い上げて相手の電話番号やメールアドレスなども調べがつくこともあります。
このデータベースに関しては取り扱いがない探偵会社も増えており、これは依頼者の虚偽の依頼でストーカー事件などで悪用されたことが原因として挙げられますので、依頼する際には一定の制約がある場合もあります。

やっかいなSNS

またそれ以外にも以前より多くの方がインターネット上でSNSを利用しているのですが、セキュリティー観念の低い方の場合はSNSで連絡先が公開されていることもありますので、そのあたりを調べてみることも重要になります。

SNSでは様々な人と交流がありますので、SNSで仲良くなり相手に接近して直接情報を聞き出す方法などもあるのですが、この場合は時間を要する事になりますのでその点でのリスクもあり、時間をかけないためには手っ取り早く探偵に調査を依頼した方が良いでしょう