浮気調査を依頼する前に揃えておくべき情報って何がありますか? | 浮気調査の探偵ガイド






浮気調査を依頼する前に揃えておくべき情報って何がありますか?


探偵に浮気調査を依頼する場合、高いお金を払うという理由で、探偵に丸投げする人がよくいます。
もちろん、それでも構わないのですが、少しでも調査期間を短くして費用を抑えたいなら、浮気調査のために必要な情報は事前に揃えておきたいものです。

必要な情報はできるだけあるに越したことはなく、探偵もその情報を元にして動きやすくなるので、早期解決につながることがあります。

依頼前には、できるだけ情報を収集しておきましょう。

浮気調査のために必要な情報とは

本格的に探偵に浮気調査を依頼しようと考えているなら、事前に浮気調査に必要な情報を集めておくことを忘れてはいけません。
情報がないと調査の成功率が下がる可能性があるからで、情報が全くないと調査そのものができないこともあります。

では、浮気調査のために必要な情報とは何かというと、まず最低限の情報としては、対象者の顔写真と身体的特徴、車の種類とナンバー、勤務先の住所などです。
これらの情報は最低限必要で、写真はできるだけ直近のもので顔が判別しやすい物を用意しておきます。

また、駐車場から出てきた本人の車を尾行する場合、対象者の車の種類やナンバーは重要な情報になるので、契約を交わすまでによく確認しておくことです。
別居している場合で車を確認できないよう場合は、その旨を探偵に告げて事前調査で確認してもらいましょう。
こうした情報は必ず必要になるので、くれぐれもぬかりのないようにしておきたいものです。

事前に揃えておきたい有効な情報

最低限必要な情報以外にも、浮気調査の成功率が上がる有効な情報があるので、事前に揃えておきましょう。
成功率が上がる情報には、たとえば対象者がよく立ち回る場所や浮気相手と思わしき電話番号や人物の情報、そして通勤ルートや実家の住所などです。

特に通勤ルートは尾行の際に役に立つ情報なので、できるだけ確保しておきたいところです。
通勤ルートは対象者の行動を予測するのに役立つ情報で、万が一見失った場合でも発見できる可能性があります。

浮気調査するに当たっては、対象者に関する情報は必須で、情報は多ければ多いほど成功率が上がることを覚えておきましょう。
有効な情報が沢山あれば、浮気調査はスムーズに進むことになり、調査期間の短縮に貢献するので、結果的に費用削減にもつながりますよ。

ただ誤った情報を伝えてしまうと逆効果になるので、不確かな情報の場合は確証がないこともしっかり付け加えておきましょう。

対象者の情報は伝えられるだけ伝える

情報があるかどうかでスムーズに浮気調査ができるかどうかが大きく変わってくるので、依頼する前には対象者の移動手段やよく行く場所、交友関係などを調べておきましょう。

そうした情報を事前に探偵に伝えておけば、有力な手がかりとなり、事前情報があるだけで下調べの手間を省くことができます。
その分、コストダウンが見込めることになるので、ウインウインの関係を成立させることにつながります。

浮気調査の日時を絞れる情報も有効なので、たとえば飲み会で遅くなると伝えられている日や、残業になる確率が高い曜日などがあれば事前に探偵に伝えておくと良いでしょう。
そうすれば探偵はその日にピンポイントに的を絞って浮気調査を行うことができるので、調査が捗る可能性大です。
場合によっては、すぐに浮気の証拠を掴めるケースもあるので、調査日を絞ることのできる有益な情報を伝えておけば、結果的に無駄な調査時間を省くことができますよ。

まとめ

浮気調査で少しでも調査期間を短くしたいのなら、調査のための情報が大事で、たとえば対象者の顔写真や車の種類とナンバー、勤務先の情報などは必須です。
他にも、通勤ルートや移動手段、よく行く場所、交友関係などを調べておくと、浮気調査がスムーズに行く可能性があります。

探偵に浮気調査を依頼する時は、必要になる情報はどんどん提供するべきで、そうすることで浮気の証拠を見つけてやすくなります。

きちんと情報を準備しておけば、浮気の証拠を得やすくなるので、探偵に依頼する時は必要な情報を精査して事前に揃えておきましょう。