浮気調査の費用っていくら必要? | 浮気調査の探偵ガイド






浮気調査の費用っていくら必要?


浮気調査の費用っていくら必要なの?気になる浮気調査の依頼費用について

浮気調査をする場合、自身ですることも可能ですが、素人では調査する時間も中々取れず方法もよくわからないので、やはりプロである探偵に依頼するのが賢明です。

ただ、探偵に浮気調査を依頼するとなると、それなりの費用がかかることになります。
関係を修復したい、あるいは有利な条件で離婚したいなどの理由で浮気の証拠を入手するには探偵に依頼するのが効率的なのですが、一体どのくらいの費用がかかるのでしょう。

費用はかなりバラつきがある

本格的に浮気調査を探偵に依頼するとなると、気になるのが費用ですが、探偵事務所や調査内容によってかなりバラつきがあります。
費用総額の相場は10万円から100万とピンきりで、依頼する期間が長ければ、その分、料金は上がるシステムになっています。
多くの探偵事務所は時間や日数あたりの料金で計算をしていて、日数が短い依頼と長い依頼とでは費用は大きく違ってきます。

また、浮気調査にかかる費用の大半を占めるのは人件費なので、調査人数によっても費用は変わり、人数が増えればそれ相応の費用がかかるのを覚悟しないといけません。

人件費は調査員が稼働した時間によって変動するので、依頼する探偵事務所の1時間あたりの料金をしっかり確認しておく必要があるでしょう。
大体、1時間あたりの費用相場は、調査員2名で依頼した場合、1.5万円から2万円くらいのようです。

様々な料金体系がある

一口に浮気調査の依頼費用と言っても、相談内容や調査期間、時間、調査人数などで大きく変動するので、簡単に相場を出すのは難しいです。

また、浮気の度合いや頻度も大事で、依頼者がどれくらい証拠を掴んでいるかでも費用は変わってきます。
単純に言うと、浮気調査が早く済めば費用は安く済み、証拠獲得に時間がかかれば費用はかさむということになります。
そして、浮気調査費用を計算する方法も様々で、時間料金型、パック料金型、成功報酬型などがあります。
時間料金型は、調査員が稼働した時間を元に費用を決定するもので、1時間あたりいくらと決まっているので比較的分かりやすいです。

パック料金型は、稼働時間や経費、書類作成費などを全て含めた料金を設定したもので、時間料金型よりも安く設定されています。
成功報酬型は、最初に着手金を払い、成功した場合のみに報酬金を支払うというお得な料金体系になっています。

費用を安く抑える方法

浮気調査の費用は決して安くないのですが、料金に大きく影響するのが調査期間で、依頼者の状況次第で大きく変わります。
浮気の実態を依頼者がまるで把握していないと、長い期間の調査を強いられることになるので、結果的に高くつくことになります。

逆に言えば、ある程度調べが進んでいれば的を絞りやすくなり、ピンポイントでの調査が可能になるので、費用を安く抑えられます。
浮気相手といつ逢っているのか、また密会場所や普段の行動範囲などを把握しておけば、費用を安く抑えられるでしょう。
そして調査目的を明確化することも大事で、目的によって調査の難易度や要する期間も変わってくるからです。

調査目的の明確化は大事なポイントになるので、浮気調査を依頼する時は、自分がどうしたいのかをまず固めてから利用するようにしましょう。
対象者の移動手段を事前に把握して探偵に伝えるのも有効で、対象者を見失って調査が失敗するリスクを回避できます。

まとめ

浮気調査を依頼する場合、一番気になるのが費用ですが、調査期間や調査内容、各探偵事務所によってバラつきがあるので一概には言えません。
また、料金体系も色々あり、浮気調査費用を計算する方法も様々です。

できるだけ浮気調査の費用を安く抑えたいなら、事前に対象者の情報をある程度調べておくことで、そうすればピンポイントでの調査が可能になって費用を安く抑えられます。
大事なことは、浮気相手と逢っている日や密会場所を特定したり、調査目的を明確化することです。
対象者の普段の行動範囲を把握して調査目的を明確化しておけば、調査しやすくなるので、費用を安く抑えられるでしょう。