携帯電話に関する特徴 | 浮気調査の探偵ガイド






携帯電話に関する特徴


浮気をしている配偶者の行動の中でも携帯電話やスマートフォンを操作する様子は特に目立つものですが、具体的にどのような行動をしている時が怪しいと判断できるのでしょうか。

浮気している人の主な特徴

まず浮気をしている人の特徴として、携帯やスマホにロックをかけて妻や夫に見られないようにする点が挙げられます。
本来携帯にロックを掛けることには様々な意味があり、例えば仕事関係の連絡先を他人に見られたくないことや、携帯を落とした時に情報が流出するのを避けるためなど様々な理由があるのですが、配偶者はこのようなもっともな言い訳を用いてロックをかけていることを正当化しようとします。

確かにそのように言われてしまえばロックの解除を厳命することは難しくなりますが、毎日の生活の中で携帯を操作する際の指の動きを眺めていれば暗証番号などが分かることもありますので、日頃から注意深く観察しておくと良いでしょう。

続いて浮気をしている人の特徴としては、携帯を常に持ち歩くと共に睡眠時にはどこかに隠すなどの行動が挙げられます。
携帯を常に手放さない行動は一般的にあるものですが、それまでは無頓着だった方が急に肌身離さず持ち歩くようになると、その変化には重大な意味が潜んでいると考えられます。

また夜間の睡眠時はそうした警戒もむなしく自身は寝に入りますので携帯を守ることができず、覗き見を防ぐためにどこかに隠す行動を取る場合が多くあります。
よく携帯を落とした時には自身の端末に電話をかけて着信音で端末を探すこともあるのですが、配偶者もそれを避けるために無音設定にしたり電源を落とすこともありますので容易には見つからず、この場合も普段の配偶者の行動を見る中で隠し場所を推測する事になります。

またそれ以外にも浮気をしている人の特徴として、それまで頑なに携帯を手放さなかった配偶者が逆におおっぴらになるケースが挙げられます。
それまでどこにでも持ち歩いていた携帯をリビングのテーブルなど目立つ場所に置くようになり、こちらが触ったり中身を見ても余裕な様子がある場合には、何かしらの意図があるものと考えられます。

もっとも可能性として高いのはもう一台別の携帯を持っていることで、このあたりについては銀行口座やクレジットカード履歴を見れば料金の支払いの有無を確認することができます。
また隠し場所としては自室内だけでなく家の周囲にまで捜索の範囲を広げる事になり、特に車をお持ちの方の場合は車内に隠しているケースが過去に多くありました。