各種明細書 | 浮気調査の探偵ガイド






各種明細書


浮気をしている配偶者を探ろうとした時に確認すべきポイントは様々あるのですが、いざ調べようとすると配偶者が工作して調べられないよう対策を立てている特徴がありますので、そのあたりの隠し事に気が付き暴くことも重要になります。

まず浮気をしている人の特徴としては、クレジットカードの明細書や携帯電話会社の明細書が家まで郵送されず、中身をチェックできないケースが挙げられます。
不貞行為をする際にはそれなりに費用が掛かるもので、特に男性の場合はデート代や食事の費用からホテル代まで負担することも多く、お金がいつどのように使われているかを探ることは不貞行為を炙り出すための確認すべき重要項目になります。

クレジットカードは便利な上にそれ自体がステータスをあらわすものであり、支払いの際に多用する方も多いのですが、一方で使用履歴が残ることから不貞行為が発覚しないよう明細書の送付を停止させている人が少なくありません
このあたりの操作はネット会員になりサイト上で設定することになりますので、パソコンでクレカ系のサイトの閲覧履歴がある場合はログインしてネット上で使用履歴を閲覧することもできます。

また携帯電話の明細書も同様に配偶者にとっては問題となる記録が残されている場合がありますので明細書の送付を停止させている場合があります。このケースでもネット上から履歴を閲覧することができます。

性感染症になる人も

続いて浮気をしている人の特徴としては健康保険の明細書が見つからないこともありますが、この場合もまた配偶者の手により隠された可能性があります。
やはり遊びが過ぎる中では時に相手から性病を移されることがありますので、性病の治療を行う専門の病院への通院履歴があればすぐに不貞行為について疑いがもたれる事になり、自身にとって不利益になる情報は隠滅する傾向があります。

また専門病院ならずとも泌尿器科で治療を受けた記録があった場合には、何か普通の病気などであれば家族にも話す所を、なぜか家族に隠そうとする行動には怪しさを感じる事になります。
また性病は男女双方に移ることになるのですが、特に女性の場合は不貞行為により妊娠する可能性もあります。
許されない間柄のことですから産む訳にも行かず、産婦人科で中絶を行えばその治療が記録として残される事になります。
それ以外にも不貞行為をするために避妊用のピルを処方してもらうケースも過去にはありましたので、このあたりもまた不貞行為の端緒を探るための優良な情報になります。