復讐劇 | 浮気調査の探偵ガイド






復讐劇


皆さんは「不倫」に対してどういったイメージを持っていますか?絶対に許せないと感じる人、別にいいんじゃないと感じる人、受け取り方は人それぞれだと思います。私自身、以前は「別にいいんじゃない?!当事者同士が良ければ…」と思っていました。しかしながら、いざ、多くの不倫を知ってしまうと、「許せない!」という気持ちの方が大きくなってきました。

極端ですが「不倫をしているようなヤツは幸せになる資格はない!」と今では思っています。結婚しているにも関わらず、他の異性に目が向いてしまい、恋愛感情が湧いてしまい、不倫をしてしまったケースは少なからずあるとは思いますが、子供がいない者同士なら、百歩譲って仕方ないとしても子供がいるのなら話は別です。子供が絡んでくると不倫の行く末に幸せなゴールは決してありません。

以下において、体験談を交えながら不倫と幸せについて体験談を交えながらお話させていただきます。参考にして下さい。

幸せになれるのか

新生活が始まる春先に不倫関係が始まり、そのことから、夫が「別居をしたい」と言いだしてきました。当然、不倫をしていることを隠しつつ、「いつも喧嘩ばかりだから」「性格が合わないから」といった理由で別居したいの一点張り…予期せぬことを言われた妻は動揺するばかり…妻自身の仕事の関係で帰りが遅いのも原因があるのではないかと自分なりに反省し、別居したことで夫も冷静になってそのうち帰ってきてくれることを信じて、家事や育児をしっかりとこなすように心掛けていました。

自分の行動を見直しつつも、やはり心のどこかでひっかかるものがあり、どうしても納得ができないと感じたことから、夫の事を調べ始めたら、わずか数日で不倫をしていると判明。不倫相手の住所を調べたところ、ほぼ半同棲状態…妻は怒りがこみ上げてきて、落ち着いた日々を過ごすことができなくなってしまいました。

不倫をしていた相手の女性は子供がいるにも関わらず、子供は親御さんに預けて、二人でデートを繰り返し、まさに「恋は盲目」状態で周りの目も気にせずにイチャイチャ…こんなことをしているのに妻に不倫がバレていないと思っている夫の頭の中はお花畑としか言いようがありません。まさに、夫婦のような振る舞いをしていることから、パッと見は幸せそうですが、妻が半同棲状態の家に踏み込んだ時点で恐ろしい修羅場に変わってしまったそうです。もちろん、そこにいる誰も幸せにはなっていません。

  • 不倫された側の気持ちになって考える
  • まずは、不倫をされた奥さんの気持ちになって考えるとよくわかるでしょう。不倫をしておいて何が「幸せになる」だ?冗談じゃない!絶対に許さない!ましてや、不倫現場を目の当たりにしてしまったのなら、なおさら、こういった気持ちは強くなるでしょう。不倫をする前に相手の立場になって考えることは非常に大切です。

    • 恋愛
    • 大きなくくりで考えると不倫も恋愛の一つであることは間違いありません。恋愛は人の人生を豊かにし、とてつもないエネルギーを分けて与えてくれます。不倫関係で恋愛を楽しむ方もいるでしょう。しかしながら、ちょっと待って下さい。不倫の陰には必ず、泣いている人がいます。そんなに恋愛を楽しみたいのなら、大前提として結婚をするのは止めてください。

      • 既婚なら
      • 他人同士が一緒になるのが「結婚」です。独身時代は仲良しだったのに結婚した途端に、ギスギスしたり、性格の不一致を感じたりすることもあるかもしれません。かといって、一度、結婚をすると簡単に別れることはできません。別れることができないからといって、結婚生活での幸せを追うのをやめて、外に幸せを求めようとするのだけはやめてください。

        どうしても幸せになりたいのであれば

        • 結婚していたにも関わらず、他の女性を愛してしまったのなら
        • その結果、離婚になったとしても、女性の事だけを考えるのではなく、前妻との間の血を分けた子供の事も忘れずに考えるようにして下さい。子供に不自由させないように養育費をしっかりと払い、陰ながらフォローを続け、償うことを忘れないようにして下さい。子供には何の罪もないのですから。

          • 結婚している男性を好きになってしまったのなら
          • 好きになった男性がたまたま、結婚していたから仕方がない…恋愛は自由なのでこういった感情を持つかもしれません。しかし、忘れてはいけないのは自分達だけが幸せになろうとしないことです。前妻との関係を完全に断ち切らせたり、慰謝料や養育費を払わないように仕向けるのはやめてください。

            • 不倫された側
            • 不倫をされた側に落ち度があるとしたら、夫の気持ちをつなぎとめることができなかったという点のみでしょう。不倫をされたという紛れもない事実があるので、その先どうするかはあなた次第です。「もう、離婚でいいや」と思うんでしたら、後悔しない為に離婚の準備を抜かりなく進めるようにして下さい。一時の感情に流されて、準備を怠ったばかりに思うように慰謝料を取ることができずに離婚後にお金に困るケースは往々にしてあります。こうならない為にも努力を怠らず、しっかり準備を整えてから離婚に踏み切るようにしましょう。