不倫における慰謝料 | 浮気調査の探偵ガイド






不倫における慰謝料


離婚をするとしたら、できれば協議離婚にしたいと考える方が大半です。しかしながら浮気や不倫が原因で離婚に至った場合は慰謝料をしっかりと貰うべきです。慰謝料の件やその他の取り決め等で揉めるのであれば、裁判も辞さないという覚悟が必要になるかもしれません。不倫、浮気など男女間の縺れから離婚に発展するケースは泥沼の戦いになるかもしれないということです。

「お金はないと思うから、、、」と考え、慰謝料の請求をしないのは本末転倒です。このようなあまい考えでは、不倫や浮気をする輩を「ギャフン」と言わすことはできません。「何としてでも慰謝料を払わせてやる!」といった強い意志をお持ちでしたら、以下をご覧になってお役立て下さい。

家計管理

離婚となった場合は、その先は当然ですが、ご自身で家計を管理していくことになります。今までは、どちらか一方が家計を管理していて、ノータッチだった方は戸惑うこともあるかもしれません。

では、不倫をされて慰謝料を請求するとなったときに、有利になるのは家計を管理していた側なのか、していない側なのか、答えは管理をしていた側になります。というのも、妻が家計管理をしていたとしたら、当然ながら不倫をした夫の給料や収入等を把握していることになります。把握しているということは、どれくらいの慰謝料を支払うことができるかをある程度、推測できることになります。

慰謝料の考え方として、お金が無ければ払えないのは仕方がないといった風潮があります。なので、大きい金額の慰謝料を請求しようと思ったら、請求相手の懐事情を把握しておく必要があります。もし、それがわかっていなかったとしたら、裁判を起こしたとしても勝てる見込みは少なくなってしまいます。「慰謝料をしっかりと貰いたい」とお考えでしたら、家計管理をしっかりと行い、収支を把握しておく事が非常に大切です。きっちりと把握していれば、夫のおかしな出費にも気付くので、不倫をしていると見抜くきっかけになる事もあります。

慰謝料で損をしないために

  • 探偵に依頼
  • 慰謝料をしっかりと貰うのに有効な手段として、
    「不倫調査はプロの探偵に依頼する」ことが挙げられます。不倫調査を行ってもらうとある程度の費用がかかってしまうのは否めませんが、プロの手により、不倫を完璧に暴いてもらうことができれば、慰謝料をしっかりと貰える可能性はグンと上がります。

    不倫をしている側は、慰謝料をできるだけ払いたくないという気持ちから、自分が不利にならないように嘘をつくことは十分に考えられます。もちろん、慰謝料自体が不倫をしていた期間や結婚をしていた期間、その時の夫婦関係など様々なことが要因で決められますが、探偵を雇ってでも不倫調査を行い、不倫の証拠を押さえておく事は重要です。

    どうしてもそこまでお金をかけられないという方も、ある程度はご自身で調べて不倫の証拠を掴むことは可能です。怪しいと感じた日に尾行をしたり、GPSを車のわかりづらい所に設置するのも有効な手段です。何度も言いますが決定的な証拠を握ることが慰謝料をしっかりと貰ううえでとても大切です。

    • 発覚してもすぐに切り出さない
    • 不倫がわかった時点で、離婚を請求したくなる気持ちはわかりますが、不倫をしていない側から離婚を切り出すと慰謝料が減ってしまう可能性があるので注意が必要です。すぐに離婚を請求せずに、不倫をしていた相手の出方を伺うようにします。

      相手が離婚を要求してきたとしたら、不倫の証拠を相手に提示し、離婚の意思がないことを伝えつつ、慰謝料の提示を行うようにすると、その金額が貰える可能性が高まります。

      • 夫婦仲を証明できる証拠
      • 不倫をしていた側が口を揃えて言うのが「夫婦関係は冷え切っていた。だから、不倫に走ってしまった」といったことです。それが、事実であるのなら、慰謝料の減額につながります。減額させない為には、普段の何気ない夫婦間の会話であったり、旅行に行った時の写真であったり、仲睦まじい様子を記録しておく事が大切になります。仲が良いことがアピールできれば慰謝料の減額を抑えることが可能です。

        • マイナス点を作らないようにする
        • 相手が不倫をしていたのなら、慰謝料を請求するのはコチラあり、減額されない為にはマイナスになるような状況を作らないことが大切です。コチラにも非があるようだと最悪な場合、減額どころか慰謝料自体を取れなくなってしまうことも考えられます。

          言い方は悪いですが、同情されることがカギとなります。「あんなに子育ても家事もこなして、旦那様に尽くしていたのにかわいそう」と周りの人達に思われることが慰謝料減額を避けるポイントにもなります。

          コチラにマイナスの要素がなければ、納得がいく慰謝料をしっかりと貰うようにしましょう。不倫をしていたけど慰謝料は払わないなんて虫のいい話はありません。極論を言えば、死ぬまで償うべきであり、お金がないとしても、何としてでもお金を作り、支払うべきなのです。不倫していた相手に呑まれることなく、しっかりと不倫調査で証拠を押さえ、何としても勝ち取るようにしましょう。