後悔について | 浮気調査の探偵ガイド






後悔について


後悔するような離婚は絶対したくないと誰しもが考えます。しかしながら、全く後悔がない離婚というのは非常に稀です。

ほぼ、皆無に近いのではないでしょうか。後悔するには理由があります。一言で言うと「完璧な人間はいない」ということです。
だからこそ、後悔もするし、次回にこの経験を活かそうとするのです。後悔する離婚、後悔しない離婚があるとは思いますが以下の事を考慮に入れて離婚を考えてみてください。

協議離婚

訴訟を起こしたり裁判で争うような離婚は離婚の中でも後悔する部分が大きいように思われますが、双方が後悔しないように話し合う協議離婚では離婚後に不満や異議が出てくることもほとんどありません。協議離婚において、なぜ、後悔をしないかというと、離婚するまでの過程で様々な取り決めを文字通り協議して決めるからであり、時間をかけることができるからです。

「もしかしたら、離婚しない方がいいかな」「この条件は言っておかないと離婚後後悔するかもしれないからな」といった事を考える余裕があり、時間をかけることもできることから、離婚方法の中で最も多いのが協議離婚になります。たとえ、相当揉めていたとしても協議離婚を選択する夫婦は多いです。

離婚する必要があったのか

もしかしたら、離婚する必要がなかったのかもしれない、、、解決策があったのかもしれない、、、何で、もっと話し合いをしなかったのだろう、、、こういった事が頭を巡ってしまうようなら、後悔していると言っていいでしょう。ドメスティックバイオレンスなどのヘビーな離婚理由ではなく、些細なこと(離婚当初は些細なこととは思っていませんが)で離婚してしまったケースです。

結婚生活は我慢の連続であり、持続させていくには忍耐力が必要です。ほんの些細なことで離婚をしてしまっても後悔するだけです。離婚後に後悔していては次の幸せを掴むのは困難になります。離婚前にしっかりと離婚理由を考えるようにしましょう。

金銭面で後悔

「養育費についてもっとしっかりと決めていればよかった」「慰謝料をもっと貰っておけばよかった」と嘆く声をよく耳にします。何故なのでしょうか?それは、離婚前にしっかりと取り決めをしていないから、こういった金銭面での後悔が出てきます。離婚届にサインをして判を押したら終了ではありません。その前にやるべき準備が山ほどあるのです。お金の問題は非常に重要なファクターです。生活が苦しくなったりすることがないように離婚届にサインをする前にしっかりと話し合って決めておかなければなりません。

また、子供がいる場合、離婚という現実を受け入れるまで戸惑いを隠せない子供は多いようです。愛し合った末にできた子供のはずなのに存在自体が否定されている気分にもなるのかもしれません。一昔前に比べると、離婚自体が珍しいことではなくなったので世間の眼はだいぶ変わってきていますが、子供がまだまだ幼いようだと冷たい眼を感じる事もあるようです。「シングルマザーみたいよ」「子供がかわいそう」等々、陰口をた叩かれたり、最悪の場合、いじめに発展することもあります。

もちろん、離婚するにあたり、子供の事を考えたと思いますが、世間はそうは見てくれません。子供の事を考えているんだとしたら離婚はするわけないと思われてしまいます。

また、特に女性の方ですがシングルになると金銭面でかなり苦労することが多いようです。何個も仕事を掛け持ちして身体を壊してしまったという話も聞きます。金銭面の事もしっかりと考慮に入れて離婚の話し合いを行うようにしましょう。

新しいパートナーができて、再婚することもあるかもしれませんが、何と言っても「子供を第一」に考えてください。自分の事は二の次くらいの気持ちでないとまた、失敗する可能性も出てきます。再び、後悔することがないようにしましょう。