離婚理由 | 浮気調査の探偵ガイド






離婚理由


当然、離婚するには理由があります。何も理由がないのに離婚をする人はいないでしょう。わかりやすい理由としては、「知らない借金が莫大にあった」「不倫をしていた」「ドメスティックバイオレンスがひどい」「実は隠し子がいた」等々があります。これらの場合は立派なと言ったら語弊がありますが十分な理由になります。こういった理由でしたら別れた後の気持ちの整理もつきやすいと思います。

  • 「価値観が違う」「なかなか意見が合わない」「義親との相性が悪い」これらの理由で離婚を決意する方もいますが、上記の理由に比べれば「些細な事」に過ぎません。コミュニケーションをしっかりと取ることで改善の余地は十分にあります。改善する見込みがあるのなら、簡単に離婚するべきではありません。

「このままだと離婚を考えてしまう」と相手に伝えることで改善する可能性はいくらでもあります。「もう少し、家事の手伝いをしてくれないかな?」「子供の面倒をもう少し見てくれないかな?」等、パートナーに要望があるのなら、その都度話し合うようにしましょう。溜め込まないうちに吐き出すのも夫婦生活を円満に送るポイントでもあります。

離婚届を提出した後になって後悔しても遅いです。離婚をするにあたり、知っておくべき必要な事を以下で記載しているので参考にして下さい。

後悔しない為に

離婚に限らず、結婚にしてもこの先の人生を大きく左右するビッグイベントになるので、しっかりとした準備を行う必要があります。離婚後にどちらかが後悔をしているといったケースは意外にも多いです。突発的な判断ではなく、じっくりと考えるようにしましょう。

「後悔をしている」という方の大半は焦って結論づけた方です。冷静な判断で物事をじっくりと考えて結論を出していれば、離婚をしなかったかもしれません。結婚、就職等々、焦って決めると「ロク」な事はありません。離婚についても同様です。

離婚には理由があります。離婚をするにあたり、様々な事を決めなくてはいけません。結婚する時も準備があったと思いますが、離婚にはそれ以上の準備が必要になるケースも多々あります。準備をしている段階で「離婚したい」という思いが募ってしまい、準備が終わっていないにも関わらず焦って離婚届を出してしまうと後悔する確率は上がってしまいます。

ドメスティックバイオレンスを受けている等、被害が明確でしたらできるだけ早く離婚する方がいいですが、たまに感じる価値観の違いや一時の感情で離婚を決めるべきではありません。ふとしたタイミングで離婚の事が頭をよぎってしまうと、明確の離婚理由が定まらないまま、養育費や慰謝料、手続きばかりに目がいってしまうことがあります。理由をじっくり考えずに離婚をしてしまい後悔する方はとても多いです。

独身時代の「付き合う」と結婚は明らかに異なります。付き合っていた頃は嫌な事があれば別れ話をして終わったかもしれませんが、結婚に関しては当事者同士の話だけではなく双方の家も絡んできます。生涯のパートナーとして一度は籍を入れたのだからそう簡単にはいきません。多くの方に祝福されて結婚された方も多いでしょう。そういった方達も裏切ることになってしまうので、「すぐにでも離婚したい」と考えている方も、今一度冷静になって、どうして、こんなに離婚したいのかといった理由を明白にしておきましょう。

もし、迷っているのなら

離婚をするとそのあとの生活環境は「ガラッ」と変わります。自分では「良い決断をした」と思うかもしれませんが、住めなれた土地から引っ越したり、職場が変わったり、一人で子育てを行わなければならない環境になったり等、その変化になじめずにストレスを抱えてしまうことも十分に考えられます。このようなことから「もしかしたら、この離婚は間違いだったかもしれない」と思うようになるかもしれません。

  • もし、離婚に対して迷いがあるのなら離婚するべきではありません。後になって「間違った選択ではなかった」と子供たちにも言えるようにする為には、明確な離婚理由があり、離婚準備(書類はもちろん気持の面でも)がしっかりと整わない限り、離婚届にサインをするのはやめるのが賢明です。後悔先に立たずです。離婚届を出してからでは遅いので迷っているのならストップをかけるべきです。

離婚を考えていたけど、それがきっかけでお互いがしっかりと話し合いを行い、離婚を回避した方々は大勢います。離婚することが前提ではなく、やり直すことを前提にもう一度、話し合いを行ってみてはいかかでしょうか。