離婚準備 | 浮気調査の探偵ガイド






離婚準備


たとえ、あなたが離婚したいと思っていたとしてもパートナーが同じ気持ちでなければすんなりと事は運ばないでしょう。いくら、「お願いだから離婚して」と言ったところで納得しない限りはサインもしないし、最悪、裁判という形になる可能性もあります。

離婚をすると決めたら、できるだけ早く離婚したいと思う方が多いですが、損をしたり、後悔しないようにするためには事前に行っておきたい準備があります。裁判になれば、費用だけではなく精神的な疲労も溜まってしまいます。そうならないために、しっかりと準備をしておくことが大切です。

専門家に相談

調停離婚だとすると専門家に多くのことを依頼しなければならないので、一方しか離婚したいと思っていないとしてもできれば協議離婚でと思う方は多いです。離婚するにあたり、法律上の知識が必要となるのなら、専門家に相談してみるのも有りです。高額な相談料を取られることもほとんどないので、気になるようでしたら利用してみることをオススメします。

一度の相談が5000円ほどの事務所もありますが、その金額さえかけたくないと言うのなら無理に専門家に相談する必要はもちろんありません。自分自身でしっかりと調べて準備をすることができれば損をする可能性はグンと下がります。

うまく事が運べば1円もかけることなく離婚することも可能です。慰謝料や養育費で揉めることがあれば、専門家に依頼して解決をお願いすることもあると思いますが、そうなる前に取り決めをしてしまえばいいのです。

準備

  • 記録する
  • 離婚したいという考えに至った原因を1から書き出していくといいでしょう。このことで、もしかしたら離婚すること自体を思いとどまる事も考えられますし、誰が見ても離婚したほうがいいとなれば、離婚話はスムーズに進展する可能性が高いです。

  • 話合い
  • 誰もいない場合は2人で話合うのは致し方ありませんが、2人だけの場合だと離婚の話合いの際に、意見の食い違いがあるといつまでも決着がつかず、平行線のままになってしまいます。しかし、誰か1人でも客観視できる人間がいれば話合いも前進します。友人でも親族でも構いませんが他人の意見を参考にする為にも第三者に話合いの席に同席してもらうことは重要です。

  • 別居
  • 離婚の話合いを行ったはいいけど、相手に離婚の意思はなく、全く応じてくれそうもない時は「別居」という選択肢を考慮にいれたほうがいいでしょう。相手に出て行ってもらうか、ご自身で出て行くかは自由ですが別居でもしないと離婚はできないと考えられます。

  • 必要書類など
  • 慰謝料や養育費を取り決めた書類は予め準備しておく必要があります。また、話合いの内容を録画、録音できるビデオカメラやボイスレコーダーなども必要に応じて揃えておきましょう。また、調停離婚のように裁判が絡んでくれば、記録が残りますが、協議離婚においては書類を作成しておかないと、いわゆる、口約束になってしまうので注意しなければなりません。重要事項に関しては公正証書ににするということも大事なポイントです。

再確認しておく事

離婚の準備段階において、もう一度、自分の考えを再確認する必要があります。とにかく早く離婚をしたいのか、それとも多少、時間はかかってもいいからコチラの要求をできるだけ飲んでもらいたいのかといった考えです。

具体的な要求の内容は「養育費の金額」「持家の名義」「慰謝料の金額」「財産分与」等が挙げられますが、ご自身が希望するすべての要求を通そうと思ったら離婚するのに時間がかかるのは目に見えて明らかです。しかも、時間をかけたからといってすべての要求が通るわけでもありません。

要求が通ってすぐに離婚が成立するケースはほとんどありません。できるかぎり、早く離婚がしたいのなら相手の要求を飲む事も大事です。妥協できるラインを自分の中で決めておくようにしましょう。要求を取るか早さを取るかをしっかりと明確にしておく事が重要です。