離婚が出来ないケース | 浮気調査の探偵ガイド






離婚が出来ないケース


いくら、離婚をしたいとお互いが考えていたとしても離婚に至らない夫婦は多数います。
「もう少しで子供の手が離れるからやっと離婚できる」まさに、今の結婚生活に耐えているかのような言い回しで、未婚者の方は考えられないかもしれませんが、子供のために離婚はしないと割り切っているのです。つまり、このことは子供が成人になるまでは、仮面夫婦を演じて我慢を重ねるということになります。離婚したいけどできないケースは色々とあります。以下を参考にして下さい。

離婚できないケース

  • 子供が成人するまでは離婚をしない
  • 介護が非常に大変で離婚ができない
  • 働く意欲がないから、離婚できない
  • 頻繁にパートナーが浮気をするが、慰謝料を請求したところで払えないのがわかっているから離婚に踏み切れない

子供のために離婚をしないという方は非常に多いですが、本当に子供を第一に考えた上での結論でしょうか?上記の理由を見ていると子供というよりも自分のために離婚しないようにも感じ取れます。

既婚者の方ならわかると思いますが、一時的な感情で「離婚したい」と思うことはよくあります。なぜ、離婚に踏み切らないのかというと、離婚するよりも結婚生活を続けた方が将来への不安を感じなかったり、子供と一緒にいることができたり、何よりも幸せだと感じるからだと思われます。

勇気

  • ストレス
  • 離婚したいと思っているにも関わらず、例えば、「子供のために」といった理由で離婚しないでいると精神的に異常をきたす恐れがあります。我慢することはストレスに直結します。離婚したいと思っている者同士が一緒にいたとしても、本当に子供のためになるのでしょうか。決していい結果が出るとは到底、思えません。無責任な周りの人間は「離婚したら子供がかわいそうだよ」というかもしれませんが、強いストレスを抱えてまで一緒にいる必要はあるのでしょうか。本当に子供はそんな状況でも一緒にいてほしいと思うのでしょうか。

  • 子供
  • 子供が小学生になる前など特に小さいうちは、離婚がどういった事なのかを理解しろと言ったところで厳しいでしょう。結婚さえもよくわからないかもしれません。ただ、何となく「どちらかの親がいなくなるのかな、、、」といったマイナスの印象を持っているかもしれません。

    しかし、小学生になり成長していくにつれて離婚とはどういった事かの理解ができるようになります。子供は素直であることから、不測の事態に対しても対処でき、辛い状況であったとしても受け入れることができる能力に長けています。もちろん、すべての子供に当てはまる訳ではありませんが、どんな状況でも受け入れることができる能力があります。

    こういった事を考慮に入れると、離婚しないのは「子供のため」と言っておきながら、本当は自分のために離婚しないのでは?と感じてしまいます。

  • 言い訳
  • 様々な理由(お金のため、子供のため、両親のため等)をつけて離婚しないのは、もっともらしい言い訳をつけているだけで、本当は離婚する勇気がないとも言えます。もちろん、子供にとって、両親のどちらかがいないということは寂しくもあり、悲しくもあるかもしれません。しかし、無理に夫婦を続けたとしても、子供はすぐにわかります。そのことが逆に子供にとって悪影響を与える可能性もあります。

    家庭崩壊する前に

    離婚をすることで精神的に楽になり、晴々した気分になり、人生が好転することはよくあります。お金の面や、将来についての不安があるとは思いますが、頑なに「子供」を理由に離婚しないと決めつけストレスを抱えて体調を崩す前に、今一度、自分の正直な気持ちと向き合ってみてはいかがでしょうか。我慢をし続けていては身体に良い訳がありません。そのままの気持ちで我慢し続けていても、その先にあるのは「家庭崩壊」です。子供に辛い思いをさせてくないと思うからこその離婚も時には必要です。