多くある離婚の理由・原因 | 浮気調査の探偵ガイド






多くある離婚の理由・原因


離婚の危機を迎えない為にはどういった離婚原因があるのかを知っておいても損はないでしょう。1度は愛を誓い合ったにも関わらず、些細な事が原因で離婚をしてしまう夫婦も多いのが現状です。時間が経つにつれて愛情が無くなったり、1人を死ぬまで愛し続けるのは困難かもしれませんが、簡単な理由で別れてしまうのはもったいないのではないでしょうか。以下において、よくある離婚理由を紹介しているので参考にして下さい。

最も多い理由

離婚理由の中で最も多いのが「性格の不一致」になります。有名人もこのことを理由に離婚するケースをよく見ます。「性格の不一致って言ったって、付き合っている時にわかるんじゃ?」と疑問に思うかもしれませんが、結婚してからわかるケースもとても多いです。付き合っているときは猫を被っていて結婚してから素が出てくることもあります。婚姻届を提出してしまった以上、後悔しても元の状態に戻ることはできません。

結婚したい、気に入られたいという思いから、付き合っているときは相手に合わせて、自分の本来の姿を隠すのは比較的容易です。しかし、いつでも一緒にいる状態で、1年から2年も経過すれば、自分を演じきることに疲れて、素を出す様になり、本来の自分が出てしまうことで「性格が合わない」となるようです。可能であるならば、結婚前に同棲をし、お互い本来の姿を確認したうえで籍を入れるようにすることをオススメします。

他にも多い理由

  • 不貞行為
    「浮気」や「不倫」などの不貞行為を理由に離婚する方も非常に多いです。多かれ少なかれ、男女ともに浮気願望というものがあるかもしれませんが結婚しているのなら、願望があったとしても現実にしてはいけません。独身時代と異なり結婚しているのなら、理性を働かせ、行動も慎むようにしなければなりません。
  • 家族トラブル
    代表的な家族トラブルと言えば、嫁姑問題でしょう。姑との折り合いが悪く、精神的に参ってしまい、離婚したという話もよく聞きます。結婚前に親族の性格まで判断するのは困難ですし、味方になってくれるはずの夫が味方になってくれず、追い詰められていくケースも多いようです。
  • 暴力
    ドメスティックバイオレンスや最近よく聞くモラルハラスメントといった体の暴力や言葉の暴力を理由に離婚を考える方も多いです。手を挙げることは決して許されることではありません。しかし、暴力を振るわれた後に、やさしく接してくることからなかなか、離婚に踏み切れずに悩んでいる方もたくさんいます。

事例

夫が調停離婚をしてきたケースになります。離婚の話合いをするわけではなく、性格の不一致を理由にいきなり出されたので、妻としては困惑するばかりでした。夫は出て行ったきり帰ってこないから
しっかりとした理由もわからないまま、「ビタ一文お金は渡さない」「子供はお前が育てろ」等の言葉を浴びせられ、納得がいかない妻は探偵に依頼して夫の行動を調べることを決断しました。

すると、探偵から驚きの事実を突き付けられます。なんと、夫が浮気をしていたほか、借金があったことが判明。つまり、夫は自分の浮気や借金を隠すために、妻に離婚を突き付けられる前に行動していたのです。まさに、自分のことしか考えていない典型と言えます。探偵に依頼してはじめて事実を知ることができたケースになります。