修羅場になるケース | 浮気調査の探偵ガイド






修羅場になるケース


「修羅場」怖い言葉ですね。よく「修羅場をくぐる」と言いますが、他の修羅場だったらまだしも、こと離婚に関する修羅場はくぐりたいと思う人はいないでしょう。部外者目線での修羅場はドキドキ感とハラハラ感でまるでドラマを見ているように楽しめるかもしれませんが、当事者にとってみればたまった物ではありません。特に離婚関連など男女間の修羅場はドロドロとした恐ろしい状況発展するケースも少なからずあります。

そもそも、自分達は大丈夫だと安心しきっている方ほど、修羅場になる事態を想像することもないので、修羅場に遭遇してしまうケースは多いです。大丈夫だと思い込んでいると、気がついたらとんでもない状況になっていることもあります。くすぶっている火種も放置していれば大火事になってしまいます。いつ、修羅場に遭遇してもおかしくないという心構えでいるようにしましょう。

以下において、実際に起こりうる修羅場について記載しているので参考にして下さい。

子供

以下のようなケースが考えられます。

  • 夫に他人の子供ではないかと言われた
  • 夫ではなく他人の子供を妊娠
  • 産まれた子供が夫との間の子供ではなかった

修羅場になってしまう原因として、妊娠した時点で女性の方は自分の子供だと実感ができますが、男性の方は実感することがなかなかできません。疑わしき行動や言動がなかったとしても確信が持てないことから疑ってしまい修羅場へと発展してしまいます。ただでさえ、確信が持てないのに、怪しい行動があったりすると尚更です。怪しいと感じ、詰め寄った際に、「あなたとの子供ではない」と白状することもあります。こういった場合はすぐに離婚になることも多いです。

不倫の末にできた子供であったとしても、悪いのは子供ではありません。悪いのは妻であるにも関わらず何の罪もない子供がかわいそうな思いをするのです。また、あまりにも過敏になり過ぎて、やましいことがない妻を疑いすぎて、そのことが原因で離婚に結び付くケースもあるので注意が必要です。

ギャンブル等

離婚の原因の中でも上位に位置づけされるのがギャンブルです。あくまで趣味の範囲でやっている分にはさほど問題は起きませんが、のめりこんでしまい借金を作ってしまったりすると離婚まで発展することは往々にしてあります。夫婦で同じ価値観のもと、ギャンブルをしているのなら構いませんがギャンブル自体が許せない方も多いので、理解を得られずに離婚するケースもあります。

また、酒癖の悪さから離婚になることもあります。お酒を飲むと暴力的になってしまう方は少なからずいます。そのことで修羅場になっている家庭は意外と多いです。離婚しない為には酒癖や上記のギャンブル癖などは結婚する前によく確認をしておくといいでしょう。

浮気や不倫

あまりに夢中になりすぎて周りが全く見えなくなるのも非常に危険であり、離婚に結びつくケースは多いです。

  • 夫以外の男性に夢中になり、デート中に夫に目撃される
  • 遊んでばかりいて家事もせず、子供もほったらかし
  • しょっちゅう、出かけてほとんど家にいない

上記はほんの一例にすぎませんが、十分に離婚に結びつく要因になります。最大の修羅場を挙げるとすると、自宅に男を連れ込んでいるときに夫が帰宅して遭遇するパターンでしょう。まさに行為の最中だとしたら目も当てられません。

今一度、自分のとっている行動が第三者から見ておかしいものではないかを確認するようにしましょう。離婚しない為には手遅れになる前に引き返すことが大切です。