単身赴任が与える影響 | 浮気調査の探偵ガイド






単身赴任が与える影響


転勤が多い仕事に就いていると、子供が小さい頃は一緒について行ったとしても、マイホーム購入や子供が大きくなるにつれて単身赴任を選択する家庭も多いと思います。単身赴任の場合だと帰ってくるのも月に1度、下手したら半年から1年帰れないといった事もあるかもしれません。

単身赴任を選択せずに家族で転勤を繰り返す家庭もあるとは思いますが、子供が大きくなるにつれて、学校の問題が出てくるので頻繁に転勤するわけにもいかないでしょう。子供が学校に通うようになったことで、転校を避けるために単身赴任を選択する方も多いですが、夫婦関係に問題は起こることはないのでしょうか?単身赴任が原因で離婚につながるような事態に発展してしまうことは?単身赴任と離婚との関連について以下に記載するので参考にして下さい。

単身赴任と離婚との関連

家族のことを考えると、一緒にいる方が安心もできるし、幸せを実感できるとは思いますが、そうもいかないのが単身赴任。赴任先がそんなに遠くなければ頻繁に帰ることができるかもしれませんが、遠いようだとなかなか難しいと思われます。なかなか、会えないということで夫婦関係に「ヒビ」が入ってしまうケースも少なからずあるでしょう。

夫は一人暮らしということで気兼ねなく、自由に生活を送れますが、寂しい一面もあります。その寂しさを紛らわすために愛人を作る方も中にはいるでしょうし、また、夫が単身赴任をいいことに自宅に男を連れ込むといった事も考えられます。単身赴任と離婚との関連で考えると、そのきっかけとも言える、浮気や不倫をしてしまうことがあり、それがバレて離婚に発展するケースや、離れ離れに生活を送っていることから、徐々に気持ちが離れていき、離婚に結びつくこともあります。単身赴任中の離婚原因を以下に記したので参考にして下さい。

離婚の原因

  • 浮気や不倫
  • なかなか連絡がつかない
  • 単身赴任からいつ帰ってくるかわからない、もしくは帰ろうとしない
  • 浮気を匂わせる異性の物を発見した場合
  • なかなか会えないことから気持ちが離れてしまった
  • 一人暮らしということで食生活が乱れ、徐々にスタイルや容姿が変わってしまい愛情がなくなった

単身赴任と似ている状況は「遠距離恋愛」が挙げられます。好きなのに近くにいないということから離婚につながってしまうケースもあります。久々に会ったとしても会話がなかったり、ケンカが絶えなかったりするようだと「何で結婚ししたのかわからない。」という感情から離婚に走ることもあります。

回避するには

先程、単身赴任と似ているとして挙げた遠距離恋愛ですが、上手に交際をしている方も多くいます。長く続く秘訣を聞くと口を揃えて言うのが「できる限り会いに行く事」だと言います。このことは単身赴任でも同様だと思います。また、遠距離を解消することができれば離婚の危機を回避できるというのなら、女性が仕事を辞めて、夫についていくという選択肢もあります。ついていくことが可能であるのなら、浮気や不倫のリスクは当然減りますし、単身赴任前と変わらない生活を送ることができるでしょう。

一昔前に言われていた「亭主留守で元気がいい」これを単身赴任に当てはめると、夫が赴任中であっても元気で働いてしっかりとお金を稼いでくれるということになります。女性にとってはパラダイスと思うかもしれませんが、離婚する可能性を高めてまでそういった生活を送りたいですか?周りの奥さんから見れば「遊びまわっていて楽しそうでいいわね、、、」なんて皮肉めいた目線で見られるのが「オチ」です。

時代錯誤と言われるかもしれませんが、もし、転勤の辞令が出たのなら、すぐに単身赴任と決め付けるのではなく、ついていくことも頭の片隅に入れてみてもいいのではないでしょうか。子供の学校等さまざまな問題があると思いますが、せっかく夫婦になったのだから、夫を中心に考えて生活を送ってみるのも「良妻」になる為には大切なことかもしれません。