調査結果の上手な伝え方 | 浮気調査の探偵ガイド






調査結果の上手な伝え方


調査結果の浮気相手への上手な伝え方

浮気調査を終えて証拠を確保した後には、今後どのような方針を取るのか決めた後に不貞を行った当人たちと対峙することになります。

配偶者については家族となりますのですぐに捕まえ話をすることができ、顔を合わせたくなければ家を出て弁護士を通して話し合いをすることも選択肢の一つになります。

また不貞を働いたもう片方の浮気相手についても話しをする必要があるのですが、配偶者とは異なる他人に対して調査結果の上手な伝え方などはあるのでしょうか。

感情に任せて行動をしてはいけない

まずこうした場面ではご自身の感情が抑えられず相手の家に突撃することもよくあるのですが、感情に任せての行動は逆にご自身を不利にすることもあるもので、下手をすれば暴行や脅迫などの罪を犯すことにも繋がりかねません。

不貞行為に関しては最終的に法律に則った解決をするしかありませんので、ご自身一人で対応するのではなく法律のプロである弁護士に相談して対処してもらうと良いでしょう。

法律のプロである弁護士に依頼する

弁護士が介入した場合には上手に対応してくれますので安心感があるのですが、弁護士が行う浮気相手への調査結果の伝え方としては内容証明郵便を利用することがあります。

この内容証明郵便とは、自分がいつ誰にどのような内容の手紙を出したのか郵便局が公的に証明してくれる郵便になり、一般的には意思表示や通知した証拠を残し法的な効果を持たせるために使用するのですが、不貞行為の相手に出す場合は心理的に多大なプレシャーを与える事になります。

弁護士名の入った内容証明郵便はその後に訴訟に発展することを予感させるもので、ご自身でも作成することは出来ますがやはり弁護士に依頼した方が相手に与えるプレッシャーはより大きなものになります

内容証明郵便は弁護士に手配してもらう

また上手な調査結果の伝え方としては浮気相手の家に弁護士を伴い訪問することも一つの手になり、この場合は事前に郵便を送るのとは異なり相手の虚を付く事になりますので、一気呵成に高額な慰謝料の支払いを承諾させることができる場合もあります。

ただいくら証拠を押えていても相手の性格次第で支払いに同意するか拒否するかは変わりますので、できれば事前の調査で相手の人となりやバックボーンなどについても調べておいた方が良いでしょう。

また相手が既婚者の場合は訪問する際にあえて自宅に行かず通勤途中など外で捕まえることも一つの手になり、この場合は家族に知らせることが一つのカードとして相手を追い詰めることが出来ますので、この場合もまた調査結果の上手な伝え方となります。