上手な浮気調査の依頼方法 | 浮気調査の探偵ガイド






上手な浮気調査の依頼方法


上手な浮気調査の依頼方法

家族の将来を大きく脅かす配偶者の浮気は一刻も早く手を打たなければならず、ただその一方で探偵会社に浮気調査を依頼する際には賢く上手に依頼することも重要になるのですが、具体的にどのような依頼方法を行えば良いのでしょうか。

きっちりと自分で計算・イメージをしておく

ご自身でできる範囲の情報を集めておく

まず上手な依頼方法として重要になるのは浮気調査の費用を節減するためにご自身でできる範囲の情報を集めておくことで、例えば配偶者の行動を調べる中で怪しい曜日や時間帯などが特定できればその日時に的を絞ったピンポイントでの調査が可能になりますので、調査期間を狭めて安い料金で証拠を取得することが可能になります。

もちろん依頼者の方は探偵ではありませんので、ご自身で調べられる範囲は自ずと限りがあるものですが、家族であるゆえに配偶者に対しては誰よりも近い存在になりますので、探りを入れることはそれほど難しいものではありません。

具体的にどのような所を調べるかについては浮気をされた経験がある友人などに聞いてみたりご自身の直感を頼りにしたり、または探偵会社で無料相談を受ける際に調べておくべきポイントについて聞きだしておくのでも良いでしょう。

探偵に仕事の念押しをする

続いて上手な依頼方法としては、探偵にくどく念押ししておくこともまた非常に重要になります。
この念押しとはこちらがシビアに物事を考えていることを印象付けるため行うもので、例えば配偶者と浮気相手がラブホテルから出てくる所を正面から顔が分かるように撮影できるか!夜に暗い場所でも撮影できるか、どのような機材で撮影するのか!などのように細々と質問や念押しすると良いでしょう。

特に撮影できるか!については繰り返し確認しておくと効果的で、こうした念押しは探偵に対して良い意味でのプレッシャーになり調査の結果にも少なからず影響してくることもありますので、細かくうるさく話をしておくと良いでしょう。

ただここで注意が必要なのはクレーマーにはならないことで、あくまで念押しに終始しておくことがポイントになります。

自分で知識を付けておくと騙されにくい

上記以外にも上手な依頼方法としては、探偵業界についてや浮気調査の中身などについて事前に調べておく方法が挙げられ、余分な調査を付け加えられたり相手の言いなりのままに契約をしないためにも重要になります。

当サイトも含めて、最近ではネットで検索すると探偵や浮気調査に関する情報は溢れていますので、少し勉強するだけでも身に付く知識は多くなり、例えば探偵の質を見抜くために初めに1日だけ調査を依頼することもまた失敗しないための方策の一つになります。