裁判で有利になる浮気の証拠 | 浮気調査の探偵ガイド






裁判で有利になる浮気の証拠


裁判で有利になる浮気の証拠について

浮気が発覚した後にどのように対処するかはその時々の状況やご自身の思う所により変わることもありますが、大きく分けるとよりを戻すか婚姻関係を解消するかのどちらかを選択する事になります。

特に後者を選んだ場合にはこちらの意思がすんなり通るわけでもなく、配偶者の側も様々な主張をしてくることになりますので、夫婦間での話し合いがまとまらない場合は調停を経て裁判に訴える事になります。

国内では一般的に調停で離婚が決定する場合が非常に多く、その先の審判まで進めることはそれほど多くは無いのですが、不貞行為の場合は配偶者が否定することも多くありますので話が拗れやすく、また慰謝料を始めとするお金の問題も絡んでくる事になりますので、先々のことを考えれば裁判で有利になるであろう浮気の証拠を取得しておくことは非常に大切になります。

有利になる浮気の証拠ってどんなもの?

ご自身を有利にする浮気の証拠と言ってもなかなか分かりにくいもので、一般的にご自身で行う調査では配偶者の端末からメールの文面やデート中の写真などを見つけることが多いのですが、こうした物の場合は不貞行為を直接指し示すものではなく、あくまで間接的な証明に留まる傍証としての価値しかありません。

裁判で認められるのは不貞行為を直接指し示す証拠になりますので、具体的に言えばラブホテルや家を出入りしている写真や映像などがあてはまる事になります。

ラブホテルの出入りの写真に対して配偶者がよく使う言い訳では、体調不良で休んでいたや入ったけど何もしていないなどのセリフが多く聞かれるのですが、施設の性格を見ればこうした言い訳が司法の場で通用することもなく、相手を不利にして、こちらを優位に立たせることが可能となるのです。

写真は複数回が基本

また裁判で有利にするための浮気の証拠としては、ホテルなどの出入りの様子を一度だけ撮影するのではなく、複数回に渡り出入りしている写真を押えておくことが大切になります。

よく一夜の過ちなどと言いますが一度きりの不倫であれば司法の場で必ずしも不貞行為として認定される訳ではなく、状況によっては大目に見られることがありますので、複数回の不貞の現場を押えることが非常に重要になります。

ただ不倫などは夜間に行われることも多く、ご自身の手による撮影では本人たちに近づかなければ写せないこともありますのでリスクが大きくなります。
またホテルの出入りの瞬間はほんの一瞬の出来事になりますので、周囲を気にしつつそそくさと歩く配偶者たちを撮影することは非常に難しいこともありますので、このあたりは撮影のプロである探偵に任せた方が良いでしょう。