依頼から調査開始までの流れ | 浮気調査の探偵ガイド






依頼から調査開始までの流れ


本格的に浮気調査を探偵に依頼するとなると、どのような流れで調査が開始されるのか気になりますよね。
探偵に依頼する行為というのはほとんどないので、多くの場合が初体験で、浮気調査を何度も経験している人は少ないでしょう。

だからこそ事前に、依頼してから調査開始するまでの流れは、把握しておきたいものです。
参考として、どのようにして調査がスタートするのかをご紹介します。

ネットで業者を探して相談

浮気調査を依頼するに当たっては、まずネットで業者を探すと良く、ネット上には沢山の探偵事務所が掲載されているので、豊富な選択肢の中から選ぶことができます。

相談する段階では匿名や仮名でも可能で、依頼するかどうかわからない段階では本名を名乗る必要はありません。
まずは、今どんな状況なのか、また自身がどのような証拠や結果を求めているかを相談します。ホームページ内にあるフォームもしくはメールにて最初は相談するのが良いでしょう。

そうすると担当員が質問に答えてくれ、大体の内容がわかった時点で、おおよその費用を見積もり計算してくれます。
依頼する時は金額を見てから決めれば良く、見積もりしたからといって調査依頼しなければいけないことはなく、納得してから契約という流れになります。

メールでの相談も受け付けていますが、その場合はできるだけ細かくどんな状況かを書き記し、どんな結果が欲しいのかを記載して送るようにしましょう。
基本的に相談は無料で、探偵事務所は24時間いつでも相談を受け付けています。

事務所での面談

フォームやメールで相談して、ある程度納得してもっと話を聞きたいと思ったら、事務所を訪れます。
探偵事務所の雰囲気や担当者の人柄を見るためにも、実際に事務所を訪問するのはとても大事なことで、悪徳探偵を見分ける1つの方法にもなります。

くれぐれもフォームやメールだけでは契約しないようにし、きちんと事務所を構えているところかどうかを確認してからするべきです。
事務所での面談では、浮気調査する際の日程と時間と場所、そして調査人数や料金、経費、過去の報告書事例などの説明があります。

面談では、浮気調査を依頼する前の具体的な話をするのですが、その際、契約書や申込書などもよく確認しておきましょう。
多少時間がかかっても、知りたいことは何でも質問し、疑問点は最大限、解決しておくことです。
実際に営業所を訪れると、探偵業者の実態を目の当たりにすることができるので、安心して依頼することができます。

契約書を締結して浮気調査スタート

実際に事務所を訪れ、浮気調査の方法や日程、費用などに納得したら、契約を締結することになります。
契約に際しては、契約書と重要事項説明書、浮気調査依頼書の3種類の書類がセットになっているのが普通なので、これらの書類がない探偵事務所は依頼すべきではありません。

契約を締結すると次に浮気調査のチームを選定するのですが、1人の探偵では失敗確率が高くなるので、できれば2人以上でお願いしましょう。

その後、張り込み場所や尾行場所などについて確認し、障害物や駅までの道順、そして道路の混雑状況などを探偵が細かくチェックします。

下見調査はかなり重要なので、面談の際、下見調査をするのかどうかをよく確認しておくことも大事です。
ここまでくると、いよいよ浮気調査スタートとなり、契約書で決めた日時に探偵が浮気調査を開始してくれます。
調査の進捗については随時確認してくれる事務所がほとんどなので、心配する必要はないでしょう。

まとめ

探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、まずネットで探してホームページ内にあるフォームかメールで相談します。
その際、大まかな説明と見積もりがあるので、ある程度自分で納得がいけば、直接事務所を訪問しましょう。

面談の際には、浮気調査する際の日程や時間、調査人数や料金などの説明があるので、事務所の雰囲気も含めて信頼できると判断すれば契約を締結します。

契約締結後は、浮気調査のための内容を再度細かく精査して行き、張り込み場所や尾行場所、調査人数が確定すると、契約書で決めた日に浮気調査開始となります。