浮気調査を依頼する前に | 浮気調査の探偵ガイド






浮気調査を依頼する前に


浮気調査を依頼する前に

互いに一生を捧げると誓い合った夫婦関係も歳を重ねるごとに希薄になることは往々にしてあるもので、そうした時にどのように乗り越えるかが大きな課題になるのですが、将来を考え改善しようとするこちらの気持ちとは裏腹に配偶者によっては不貞という間違いを犯していることがあります。

浮気はその名の通り浮いた気持ちで行うもので、それだけでも罪深いのですが気づかない内に放置すると遊びのつもりがいつしか相手にのめり込んでしまい、やがて本気へと変わると非常に厄介なものとなります。

本気になった配偶者は夫婦共有の財産に手を付けたり又は相手と駆け落ちすることもありますので、そうなれば残された家族は路頭に迷うと共に将来に渡り多大な影響を及ぼすことにもなりかねません。

そこで配偶者の行動や言動に気に掛かることがあり、もしかしたら浮気をしているかもと感じた時にはすぐにでも真実を確認しておくことが重要になるのですが、その際にはどのようなチェックポイントがあるのでしょうか。

探偵にすぐに浮気調査を依頼する前に、ご自身でチェックできる項目をまずはご紹介します。

配偶者の生活パターンの変化を知る

本格的な浮気調査を開始する前に、まずチェックポイントとして重要になるのは、配偶者の生活パターンにどのような変化があるかを掴むことが挙げられます。

不貞行為を行うには相手の密会するための時間が必要になりますので、これまでと同様の生活パターンのままでは時間を捻出することが難しく、外に出る機会が多くなったり帰りが遅くなることが増えた場合には記録をつけておくと良いでしょう。

男性の場合

まず夫(男性)の場合は仕事帰りや休日に密会するパターンが非常に多く、例えば残業が増えて帰宅する時間が遅くなったり、接待や付き合いなどと称して飲み歩いたり休日にゴルフなどに出かけるなどのカモフラージュをすることがあります。

こうしたケースでは夫の言い訳を鵜呑みにするのではなく、記録をつける中でどのように変化しているか解析することが重要で、密会の頻度や特定の曜日に会っていることなどの情報を炙り出すことができます。これがご自身で出来る最初の浮気調査と言えるのではないでしょうか。

女性の場合

一方で妻(女性)の場合についてですが、働きに出ている方の場合は夫と同様に退勤後や休日に密会することがありますが、専業主婦の方の場合は日中に時間の余裕がありますので昼間から不貞を働くケースがあります。

特に専業主婦の場合は夫から見ても生活パターンの変化に気が付きにくく見過ごしがちになるのですが、それでもやはりボロは出るもので家事がおろそかになりやすく、掃除・洗濯の頻度が下がったり、逆に食事に買ってきた惣菜を出す頻度が上がるといったこと等はもしかして浮気しているかもと感じた時にチェックすべき最初の浮気調査の重要なポイントになります。

日ごろの言動や行動にも

続いてチェックポイントとして重要になるのは配偶者自身の変化についてで、日頃の言動・行動・家庭への感心・家事や育児への積極性などを始めとしてみるべきポイントは非常に多くあります。

やはり他の異性に気が向いている中では家庭について感心が薄くなりますので、夫婦関係でこれまでにはなかった違和感を感じることになり、言動であれば将来についての話をしなくなったり自身の予定について話さなくなることがあります。

また行動では携帯電話やスマートフォンなどの通信端末を手放さなくなったり、キスや性交渉などが大幅に減ることがあれば求めても断わられることもあります。

プラスの変化も要注意

一方でマイナスな変化だけでなくプラスの変化も怪しいもので、自身の不貞行為を隠すために取り繕っている可能性もありますので、容易に相手の行動の変化を好意的に受け入れるわけにはいきません。
例えばこれまで家事には積極的ではなかったのが朝のゴミ出しや休日の家庭サービスなどを自ら提案して実行するようになったり、それまでロックをかけていた携帯電話やスマートフォンのロック解除してこれ見よがしに放置することもあります。

特に後者の場合はダミーの端末を放置しておきそれとは別に不倫用の端末を隠し持っている可能性もありますので、こうした行動の変化は必ずしも安心できるものではなく、それ以外の変化も含めてもしかして浮気しているかもと感じた時にはチェックすべきポイントとなります。

実際に探偵に浮気調査の依頼をされた調査対象が、浮気調査の依頼者の知らない携帯電話を所有しているというケースは決して少なくありません

最近では不貞行為が発覚しやすい身の回りの異性と繋がりを持つのではなく、インターネット上で出会いを求める方も非常に多くいますので、パソコン・スマートフォンなどの端末を調べることもまた非常に重要になります。

一般的に配偶者のスマートフォンを調べる際にはメールや通信アプリなどを調べることが多いのですが、それだけでなくネットでどのようなサイトを閲覧しているのかブラウザの履歴を見ておくと良いでしょう。
以前よりSNSを通じて異性と知り合ったり不倫掲示板などに書き込みを行い不貞行為を行うケースは非常に多くあるもので、このケースが厄介なのは出会いが容易である点だけでなく、サイトのシステムを用いてメッセージのやり取りを行いますので端末のメールや通信アプリの方に履歴が一切残らず表面上はシロに見える点が挙げられ、表面的な部分だけでなくブラウザの履歴を辿る事もまた重要なチェックポイントとなります。