浮気調査に関する基礎知識を幅広くご紹介しています。













探偵・興信所の選び方と注意点

浮気調査の依頼などで、探偵会社や興信所などを探す際にはインターネットを利用すると非常に便利で、様々な会社のホームページにアクセスすることで簡単に比較することができます。

ただこうしたホームページはどこも似たような内容になりますので、一見するとどこに頼んでも同じに思えるのですが、それぞれで調査員の腕前や調査の質には少なからぬ違いがありますのでその辺りを見極めることが大切になるのですが、具体的にどのような選び方をすれば良いのでしょうか

探偵会社の選び方のポイント

まず探偵会社の選び方のポイントとして挙げられるのは、こちらの相談をしっかり聞いて契約を強制しない所を選ぶことが重要になります。
会社によっては相談員と調査員を別にする所もあるのですが、常に現場に立つ調査員でなければ分からないことも多くありますので、相談だけを専門に行う相談員では突っ込んだ話が出来ない場合もあり、調査員が直接話を聞いてくれる所を選ぶと良いでしょう。

また浮気調査などの仕事を取ろうと契約を強引に迫ってくるケースも稀にありますが、そうした所は信頼することができずしっかりと調査が行われるかも疑問になりますので、言われるままに契約を結ばないよう気をつけることが注意点となります。

見積もりをしっかり見せてもらう

続いて選び方のポイントとして挙げられるのは、見積もりをしっかり行い書面で契約してくれる会社を選ぶことがお勧めとなります。
料金に関してはあまり明確にせず見積もりも出さずに口約束だけで調査を始めようとする業者もいるのですが、いずれも書面を受け取ると共に契約書の文面についても目を通しておくことが重要になります。

浮気調査の場合は全てをセットで料金を提示する場合もあれば、車両費や報告書作成費用など項目ごとに別途で費用が掛かる場合もありますので、実際にどのような費用が掛かるかについては細かくチェックしておく事が注意点となります。

また、調査に関してはできるだけ短い期間で調査をまとめてくれるところがお勧めになり、一般的に浮気調査では1週間~2週間前後が調査日数の平均となりますので、特に理由もなく長い期間を提示してくる会社はあまり信用できません

また探偵会社の選び方としてもっとも重要になるのは調査実績があるかについてで、あまり経験のない会社に任せたのでは調査がばれている可能性もあり注意点として挙げられます。
このあたりの確認についてはホームページを見る中で調査実績を確認したり、またはネット上で評判や体験談などについて調べてみるのでも良いでしょう。

浮気相手の情報はどこまでわかるの?

不貞行為は配偶者一人で行われるものではなく必ず相手が伴うもので、制裁を加える際には双方共にしっかりとけじめを付けさせる必要があります
また相手を特定しておくことで配偶者との接触をどのように断たせればよいかが分かりやすくなり、次に何かあればすぐにでも手を打つことができますので相手を知ることは非常に重要になるのですが、探偵会社の調査において浮気相手の情報についてはどこまでわかるのでしょうか。

不貞行為の現場の押さえるとき

まず浮気調査では配偶者が密会している不貞行為の現場を押えることが主な目的になるのですが、ラブホテルなどの出入りの瞬間、つまり証拠を押えた後は尾行の対象が配偶者から相手方へと移り、双方が分かれて帰宅する際には浮気相手を尾行する事になります

浮気の証拠をおさえた後は、浮気相手についての調査を開始します。

この尾行によりまず相手の居住場所を特定することができ、帰宅した家の表札やポストの郵便物を見ることで氏名を確認することが出来ます。

後に弁護士に慰謝料請求を依頼したり裁判などの手続きを行う場合には、相手の氏名と住所が最低限必要な個人情報になりますので、通常の浮気調査では相手について必要とする事柄を押えることが可能になるのです。

ただ最近では集合住宅などで表札を出さない家も多く、ポストに郵便物がなければ氏名を把握することができませんし、また親兄弟などを始めとする家族と同居している場合にはその場での氏名の特定が難しくなりますので、こうしたケースでは後日に別の調査が行われる場合もあります。

一般的に不貞行為の多くは配偶者の身近な人物と行うもので、依頼者の方に調査中撮影した相手の写真を見せた時に、浮気相手が知り合いだったと気がつく場合もありますので、そうしたケースではこれ以上の調査は必要となりません。

氏名や住所を押えておけば基本的には事足りるのですが、浮気相手との話し合いをよりスムーズに進めたり追い込みを掛ける場合にはさらなる情報を収集した方が捗る場合もあります。
人によっては浮気に対する代償を無視したり逆切れして話しにならないこともあるのですが、例えば浮気相手の実家について調べておいたり相手の職場などについても把握しておけば、問題があるときに切り札として活用することができます。

相手が逆上などをした際の対策もしておくべきである

探偵の調査では相手の勤め先や実家などはもちろんのこと、時間をかければ交友関係などを始めとしてさらに深い事柄まで調べることも可能になりますので、話し合いで相手方の拒否や無視に遭っても切り札を上手く利用することでこちら側を有利にすることが可能になります


気になったら早めに相談したい・おすすめの浮気調査

浮気で悩むというケースは誰でもよくあることで、パートナーが浮気をしているのではないかと思うと居ても立っても居られなくなりますよね。

もし浮気されているかもと思ったら、1日でも早く浮気調査の専門家に相談するべきで、一人で思い悩んでいても苦しくなるばかりで何も解決しません。

そのまま浮気を放っておくと突然離婚と言われることもあるので、ちょっとでも気になったら早めに専門家に相談しましょう。

精神的にラクになる

浮気調査と言えば探偵ですが、調査を利用しても守秘義務があるので、他の人にバレることはありません。相談されたことや相談内容を漏らすことはないので、安心して浮気調査を依頼することができますよ。

離婚したくないなら浮気調査は早めに相談するべきで、悩んでいるだけでは結局、どうしたらいいのかわからないままです。

また、長い間浮気について悩み続けていると精神的に病んできて、うつ病や不眠症、パニック障害などになる可能性があります。

自分では気付かないうちに、精神的な負担はかかっているもので、うつになると的確な判断ができなくなります。
探偵に早めに相談すれば解決への道をいくつか示すことが可能ですが、時間が経ってから相談すると解決方法も限られてきます。

浮気調査を専門家に依頼すれば、話をするだけでも気持ちがとてもラクになり、自身の身の振り方も見えてくるので、できるだけ早く相談しましょう。

しっかりアドバイスしてくれる

浮気が気になったら、すぐに専門家である探偵に調査をお願いするのがおすすめなのは、探偵事務所はまだ確信が持てない段階でも相談を受けてくれるからです。

探偵にはこれまでの豊富な調査経験があるので、配偶者の浮気について様々な面からアドバイスしてくれます。可能性がある場合にはすぐに調査を実施してくれるので、まずはコンタクトを取って相談してみることです。

話をする中で調査を行うか否かを決めれば良いわけで、浮気をしていないのであればそれをきちんと確認して裏付けを取ってくれます。

浮気をしているかどうかの確認を取ることができれば、自身の心の安定を取り戻すことができるので、安心できるでしょう。

探偵に浮気調査を依頼するとそれなりに費用はかかりますが、いつまでも心配したままで家庭生活を送ることを考えるとメリットの方が大きく、決して無駄な費用にはなりません。

解決の糸口がつかめる

少しでも浮気の疑惑があるなら、探偵に浮気調査を依頼すると良く、経験豊富なカウンセラーがじっくり話を聞いてくれます。

そして、それぞれのケースに基づいて的確なアドバイスをしてくれるので、解決の糸口がきっとつかめることでしょう。

探偵は相談内容に応じて、たとえば旦那さんのこういうところをチェックしてくださいなどのアドバイスや、普段こういうことはないかなど様々な角度から質問します。

家庭で自分でも判断できる、本当に浮気をしているかどうかを見分けるポイントなども教えてくれるので参考になります。
教えてもらった方法を駆使すれば、本格的な調査でお金をかけるまでもなく、簡単に問題を解決できるかもしれませんよ。

探偵事務所はこれまで解決してきた浮気調査の沢山の事例を持っているので、悶々と悩むのではなく、まずは相談してみましょう。

まとめ

少しでも浮気が気になったら、その段階でできるだけ早く、浮気調査を専門家に相談しましょう。
早い段階であれば浮気相手と別れさせることができる可能性は高いのですが、時間が経つと浮気が本気になって離婚するしか道がないということになりかねません。

また、パートナーが浮気をしているかどうかわからないまま悩んでいると、仕事に影響が出ることもあります。
浮気に関しては、たとえ確信がなくてもできるだけ早い段階で探偵事務所に相談するのが一番です。

配偶者に少しでも浮気の疑いがあるなら、一刻も早くそれが真実かどうか確認する必要があるので、早い段階で探偵事務所に相談しましょう。